動物病院

定期健康診断(ドッグドック・キャットドック)

動物たちは人間に比べて歳をとるのが約4倍速いといわれ、病気の進行もその分、速いのです。

■動物たちは体調の変化を声に出して言えないため、私たちが症状に気がつく頃には病期が進行していることも多くあります。

■当院では、大切なワンちゃん、ネコちゃんに少しでも長生きしてもらえるよう健康診断を実施しております。年1回は健康診断を受け、病気の予防、早期発見に努めましょう。

検査の前に

■検査は完全予約制で半日かけて行います。朝、お預けいただき、夕方お返しいたします。

■事前に問診票、採尿管をお渡しします。現在の健康状態について質問にお答えいただき、検査当日に拝見いたします。また、いちばん新しいオシッコとウンチを採取し、当日、お持ちください。

検査当日は朝ご飯を与えないでください。お水は飲ませてもかまいません。

検診内容

1.問診

お答えいただいた問診票をもとに普段の健康状態をうかがい、現在、疑われる病気がないかどうかを調べます。

2.身体検査
視診、触診、聴診を通して目、耳、口腔内の状態、心臓の雑音の有無、体表の腫瘍、皮膚炎等がないかチェックを行います。

3.尿検査
尿の状態から腎臓、膀胱、前立腺など泌尿器の異常、また糖尿病の発見を行うことができます。

4.糞便検査
寄生虫の有無や腸内細菌の様子などをチェックします。

5.血液・生化学検査
貧血・炎症の有無、肝、腎、血糖値、血中蛋白、コレステロール、中性脂肪の値をチェックします。

6.胸部レントゲン検査
心臓の大きさ、肺や気管の状態をチェックします。

7.腹部超音波検査
肝臓、脾臓、腎臓、前立腺、膀胱の状態をチェックします。

8.心機能検査
超音波検査、心電図検査を行い、心臓に異常がないかチェックします。

9.眼科検査
涙液量や眼圧を測り、角膜、水晶体、網膜を観察することで眼の状態を詳しく検査します

検診コース

スクリーニングコース
■ワンちゃん、ネコちゃんの健康状態を知りたい方におすすめです。
■1.〜5.の検査を行います。

アドバンスコース
■5歳以上のワンちゃん、ネコちゃんの検査としておすすめです。
■スクリーニングコース(1.〜5.)の検査に加え、6.胸部レントゲン検査、7.腹部超音波検査を行います。
■心臓病や腫瘍の早期発見に役立ちます。

オプション検査

循環器オプション
■アドバンスコース(1.〜7.)の検査に、8.心機能検査を加えるオプションです。心臓の状態を詳しく調べます。
■中高齢のワンちゃんに多い心臓の病気に「僧帽弁閉鎖不全症」というものがあります。疲れやすい、咳が出るなどの症状がありますが、これは病気が進行してからのことです。症状が出る前に心臓の異常を発見し、治療を始めることが病気の進行を遅らせ、長生きにつながります。

眼科オプション
■眼の状態を詳しく知りたい方におすすめです(9.眼科検査)。
■眼には角膜や網膜疾患、白内障、緑内障など、普段の生活では気づきにくい病気が多いため、早期発見・早期治療が非常に重要です。

料金表

■ドッグドック、キャットドックとも料金は共通です。

■みなさまが少しでも検診を受けやすいように、当院ではドッグドック/キャットドックの諸検査を通常の診療で行う検査の10%割引でご提供しています。


■料金はすべて税抜き価格です。

検査を終えたら

■検査結果をまとめたレポートを作成し、後日、お渡しいたします。

■検査内容に異常が見つかった場合は、必要な追加検査等についてご説明します。

注意事項

■食欲や元気がないなど、すでに症状が出ている時や、他の疾患にかかっている場合は、通常の診察を受診していただく場合があります。事前にお申し出ください。